ワン’s HOME

Swiss②

本日は、クールよりベルニナ急行に乗ります。
8時30分出発なので、クールのホテルで軽く朝食を取って早々とでました。
大体のホテルでは朝食付となっています。
e0061066_22333446.jpg


今回の旅は鉄道がメインです。
私達の旅行では、レンタカーでローカルなところへ行くスタイルが多いですが、
時刻表を片手に色々と乗る予定です。

ベルニナ急行は、全席予約なので、まずは自分の席探し。
でも案外簡単に見つかりました。
出発までもキョロキョロ
出発してからもキョロキョロ
ニュージーランドの時には半分以上を寝ていた私ですが、
今回はほとんど寝ずに景色を見てました。
e0061066_2231142.jpg

それだけ見ていても飽きなかったのかな?
e0061066_2237675.jpg

e0061066_22352264.jpg

ベルニナの鹿のぬいぐるみをつけたお土産売りさん。
e0061066_22372712.jpg

この家族はドイツからきた模様。
手前にお母さんと一番チビッコがいて全部で4人兄弟。
大きい子たちは私と一緒でDSやってました。

お土産に買ったぬいぐるみ
e0061066_22405722.jpg

e0061066_22393563.jpg

窓が大きいから本当に景色が綺麗。

12時35分にイタリア領内のティラーノ駅に到着。
e0061066_22421548.jpg

小さいパスポートコントロールがあったのですが、
日曜日だからかお休み。
ちょ-適当。
e0061066_22414625.jpg

駅前のトラットリアでピザとパスタをたべました。
e0061066_2243918.jpg

イタリアも水はそのまま飲むようで、
道端にある蛇口から直接飲んでいる方が何人も・・・。
絵になる光景です。
e0061066_22532117.jpg


満腹になると今度は来た道を少し戻ります。
本日の宿泊地サンモリッツへ。
e0061066_22434252.jpg

今度は普通列車で移動。
普通とか特急とかありますが、あまり所要時間は変わりません。
サンモリッツは冬季オリンピックの会場に2回もなっている位のところですが、
この時期は過ごしやすくリゾート地・温泉地としてすごく良いところです。
駅前にあるホテルにチェックインして、荷物をおいてから外に散策に行きます。
ピッツネイルというところにロープウェイで行きたかったのですが、
17時までだったため、もうひとつ隣の村?にあるピッツムルテルへ行きました。
スイスはこの時期、夜の8時位まではとっても明るいです。
これまた急なロープウェイで登ると綺麗な景色が。
e0061066_22443317.jpg

サンモリッツの湖はモチロン山々も見えます。
e0061066_22455315.jpg

ここは牛たちも景色の一つということで放し飼いです。
大きな意味で駅の周りだけ電気が流れる柵で囲まれているイメージです。
少し高台のところへ行って景色をみていたのですが、
牛たちがカウベルを流しながら民族大移動をしてきたので、
慌てて私達は退散しました。
e0061066_22462943.jpg


美味しい空気を思う存分吸って、ノンビリしたところで村へ降りてきました。
もう少しずつ暗くなり始めていて、バスで帰るか電車で帰るか検討したところ
あと少しで電車がくるようなので、電車でサンモリッツへ帰ってきました。
この駅、無人駅でカーブの先にあるところだったので、
ちゃんと電車が止まってくれるか心配だったのですが、
ヒッチハイクのように大きく手を上げて止まって貰えました。

夜は例のごとく一時険悪状態に突入し、夕飯ナシの勢いでしたが、
22時頃にギリギリに食事に有りつけ、本日も就寝です。
e0061066_22481818.jpg
基本は早寝・早起きです。
海外にいたほうが健全な生活パターンです。
[PR]
by taiga_shion_bouno | 2009-09-08 22:48 | レジャー
<< Swiss③ Swiss① >>