ワン’s HOME

癲癇

大我が今朝トイレ&散歩に行くため、
3階のベッドから1階の玄関まで降りたところ・・・。
突然玄関先で動きが変になった。
あまり広くない我が家の玄関先でロボットのような動きをしてからパタっと倒れ
足、体などが痙攣し始めた。
直ぐに相方を呼びに行き1階に戻ると
口からは泡が。
大・小の失禁もしているし。
舌もビローンとでている。
これが最期なのかと驚きを隠せないまま約2~3分ほど
見守った。
症状が落ち着いてきたので、1階は寒いから
2階に行こうと促してもどうやら起き上がれない模様。
大きめのタオルを担架のようにしてエッチラホッチラと運ぶ。
ヒーターの前に寝かし暫くすると自分で起き上がれるようになった。
しかし、様子がまだおかしい。
どうやら目が見えなくなっているようだ。
その状況にパニックになっているようで徘徊し続ける。
鼻は利くようで顔を近づけて私達の確認はしている。
ともかく落ち着かない。
約1時間後位にやっといつもの床で伏せてから、
横になった。
息はしている。お腹がプーと膨らんだり縮んだりしているから。
少し眠りに入った模様。
かかり付けの病院のオープン時間に合せて電話でとりあえず症状の説明をしてみる。
色んな症状・状況を相方が説明している。
こういう時は本当に助かる。
私に説明しろと言われても難しいから。
どうなら癲癇の症状らしく今後の話など聞いて結局病院には連れて行かないことになった。
私達が今後すべきことを確認して、ここまで発生してから2時間。
本当にあっという間の時間だった。
1時間ほど様子を看つつ、私もボーとしてしまった。
相方が1日家にいるとのことで、
遅れながらも会社へ行った。
途中メールで普段通りになったときたが、帰って様子を見るまでは
心配だった。
また同じ症状がでるかもしれない。
不安なことには変わりない。
とりあえず見守ることしかない。
[PR]
by taiga_shion_bouno | 2012-02-10 23:14 |
<< Judas Priest 台湾旅行 >>