ワン’s HOME

映画鑑賞

かなり日にちが経ってしまったが、
2/14のバレンタインデーに久々に映画を見に行った。
バレンタインだからという訳ではなく、
単に14日はサービスデーで安いというのを目にしたので、
渋谷のとある映画館に行ったのだが、
ここではお目当てのものがサイトではやっていることになっていたのだが、
やっていなかった。
本当にやっている方は既に満席状態。
はて、どうしようと考えたが前売りチケットを
買って上映している丸の内マリオンと新宿マリオンのどちらかに行こうということになった。
急遽、結論は銀座へ。
着いた早々座席を確保して、近くのよく行く中華料理屋へ一杯飲みに行った。
ここは大瓶なのに2本も飲んでしまい、
映画を見ている最中にトイレは大丈夫かとハラハラしたが、
結局夢中で見ていたおかけで心配無用だった。

本題の映画はというと、別にファンでもないがブラッドピットの
「ベンジャミン・バトン」がなぜかどうしても見たくて足を運んだ。
内容はひとりの人生を生まれてから死ぬまでをただ描いているだけなのだが、
なぜか目がぶっくり腫れあがる位に涙した。
元々涙もろい傾向ではあるが日・月曜日まではれぼったかった。
なんだかストーリーは普通だけど、とても見てよかったと思える映画だった。
たまには映画館で見るのも良いなぁ。
[PR]
by taiga_shion_bouno | 2009-02-23 21:36 | at 東京
<< 新機種 シーズン到来 >>